Hinemos技術者認定プログラム

本認定プログラムは、NTTデータ先端技術が試験を実施し、一定水準のスキルを有する受験者をHinemos認定技術者として証明する制度です。認定者はHinemosに関する技術力を客観的に証明する手段として用いることができるほか、必要なスキルを習得する上での指標として活用することができます。

 

Hinemos技術者認定プログラムのコースのご案内

Hinemosを使うための基本的な知識・技術を有するレベルを想定した「Hinemos認定アソシエイト (監視)」、「Hinemos認定アソシエイト (ジョブ)」と、システム管理設計に必要な知識や、Hinemosをベースとした環境構築・運用の経験まで有するレベルを想定した「Hinemos認定プロフェショナル」の、各認定コースをご用意しています。

 

Hinemos技術者認定プログラム概略図

 

(1) Hinemos認定アソシエイト (監視) 
Hinemosを用いて基本的なシステム監視を行うために必要な知識と、技術を有している人を認定するコースです。 Hinemosトレーニングコースを修了されている方や、相当のスキルを保有している方に、本コースの認定をお勧めします。

(2) Hinemos認定アソシエイト (ジョブ)
Hinemosを用いて基本的なジョブ管理を行うために必要な知識と、技術を有している人を認定するコースです。 Hinemosトレーニングコースを修了されている方や、相当のスキルを保有している方に、本コースの認定をお勧めします。

(3) Hinemos認定プロフェショナル
Hinemosのすべての機能を理解し、大規模環境を含む環境構築・運用の経験を有している人を認定するコースです。 Hinemosを用いたシステム構築・運用やトラブルシューティングの経験をお持ちになり、今後更なるステップアップを目指すエンジニアの方に、本コースの認定をお勧めします。

 

試験内容と実施方法

各コースの試験内容は、以下の通りです。

 

認定コース

Hinemos認定アソシエイト (監視)

Hinemos認定アソシエイト (ジョブ)

Hinemos認定プロフェショナル
試験時間 30分 60分
出題数と出題形式 25問・選択式 40問・選択式
解答方式 CBT(オンライン) CBT(オンライン)
合格基準 正答率70%以上 正答率70%以上

 

 

申込み方法と受験費用

Hinemos技術者認定プログラムの試験は、Hinemosトレーニング ハンズオン型を受講すると、無料で受験できます。試験のみの申込み・受験も可能です。

 

(1) 以下のコースとセットで受験する場合は、それぞれのコースに対応する試験の受験費用は無料となります。

  

・Hinemosトレーニング ハンズオン型  監視・性能編
    →Hinemos認定アソシエイト(監視)

・Hinemosトレーニング ハンズオン型  自動化編
    →Hinemos認定アソシエイト(ジョブ)

・Hinemosトレーニング ハンズオン型  監視・性能編/自動化編セット
    →Hinemos認定アソシエイト(監視)
    →Hinemos認定アソシエイト(ジョブ)

 

  上記コースを受講した場合は、研修修了後に、各コース所定の試験を受験可能です。

  Hinemosトレーニング 各コースの詳細につきましては、こちらをご確認ください。

 

(2) 試験のみの申込みの場合

  受験費用は以下通りです。

   - Hinemos 認定アソシエイト(監視) 10,000円(税別)
   - Hinemos 認定アソシエイト(ジョブ) 10,000円(税別)
   - Hinemos 認定プロフェッショナル 20,000円(税別)

 

受験環境・注意事項

受験環境

・本試験は、株式会社イー・コミュニケーションズが提供するCBTシステム「Remote Testing」を利用いたします。

・本試験を受験する環境は、こちらに記載の動作環境を満たしている必要があります。

・本試験を受験頂くには、リモートテスティング利用規約に記載の内容をご確認いただき、同意いただく必要があります。利用規約を必ずご確認の上、お申込ください。

・本試験を受験用体の環境にて、利用環境チェックサイトにアクセスいただき、本試験システムの動作環境を満たしていることを事前にご確認の上、お申込ください。

 

注意事項

・本試験にお申し込み後、受験に必要な情報(ID、パスワード等)を、お申込時に申告いただいたメールアドレス宛にご案内いたします。

・受験に必要な情報の有効期限は、試験お申し込み後、当社よりご案内する試験開始可能日より起算して30日以内です。期限内に受験いただけなかった場合、受験費用の払い戻しや、再受験のご案内はいたしません。

・本試験の開催に利用しているシステム「Remote Testing」のメンテナンス時間帯は、本試験を受験頂くことが出来ません。「Remote Testing」のメンテナンス時間帯は、毎月第一火曜日5:00~9:00(休日の場合は翌週)となります。その他の受験不可日については、受験者へ別途連絡いたします。

・周囲に人がいない、静かな環境で受験をお願いします。

・受験する座席から、受験のヒントになるような情報の掲示等が見えない環境で受験をお願いします。

・受験者本人の認証、並びに、受験中の監視を目的として、受験者本人の撮影、並びに、身分証明書の撮影を行います。

・撮影データは、半年間保管した後、削除いたします。撮影データ等、情報の取り扱いにつきましては、リモートテスティングにおける個人情報の取り扱いについてを、あわせてご確認ください。

・マスクを外して受験できる環境で、受験をお願いします。

・身分証明書として、運転免許書・パスポート・マイナンバーカードのいずれかをご準備ください。本人確認に必要な情報(顔写真、氏名、生年月日)以外のプライバシー情報(マイナンバー、本籍地、マイナンバーカードの臓器提供意思表示欄など)を含む部分は、マスキングテープ、付箋等であらかじめマスクしておいてください。

 

不正とみなされる行為

・頻繁に画面外を見る行為

・ウェブカメラへの、第三者への映り込み

・メモ用紙、電卓、テキスト、マニュアル等の使用

・回答操作に不要な、キーボード操作

・受験者本人以外から回答内容についていかなる形でも補助を受ける事

・問題内容をメモ、撮影し、持ち出す行為

・試験内容を第三者に漏洩、SNS等に掲載して、第三者に開示する行為

・試験中に離席する事

・その他、当社が不正の疑いがあると判断した行為

 

合否判定・認定者向けの特典

正式な合否判定(認定)は、受験日より起算し35日以内に行います。合否結果は、お申込時に申告いただいたメールアドレス宛にご案内いたします。

Hinemos技術者認定を受けられた方には、認定コース毎に、スキル水準を満たしていることを証明する認定証の他、認定ロゴを贈呈いたします。

 

Hinemos技術者認定ロゴ       Hinemos技術者認定ロゴ       Hinemos技術者認定ロゴ

 

認定ロゴのサンプル

 

 

試験内容や受験方法の詳細

試験内容や受験方法の詳細については、試験シラバスを参照してください。

  - 実施する試験区分
  - 認定者の対象者像
  - 試験時間・出題形式・出題数・合格基準
  - 認定と有効範囲
  - 試験の実施、費用、再試験
  - 試験の出題範囲

 

試験シラバス(更新日:2021/08/02)

 

お申込

Hinemosトレーニング ハンズオン型とセットで受験する場合は、こちらより開催スケジュールをご確認の上、Hinemosトレーニング ハンズオン型への参加をお申し込みください。Hinemosトレーニング ハンズオン型のご案内とあわせて、Hinemos技術者認定プログラムの受験方法について、ご案内いたします。

 

試験 例題

問1.例題(共通機能)

Hinemosのアカウント機能では、ユーザ単位でHinemosへのログインを制御できる。ユーザを役割毎にグループ化する単位を何と呼ぶか。次から一つ選べ。

 

ア:システム権限

イ:オブジェクト権限

ウ:ロール

エ:スコープ

 

 

 

問2.例題(共通機能)

通知機能のうち、syslogとして外部に通知するために用いる機能はどれか。次から一つ選べ。

 

ア:メール通知

イ:ログエスカレーション通知

ウ:コマンド通知

エ:イベント通知

 

 

 

問3.例題(監視機能)

HinemosのPing監視機能で、チェック設定で指定する項目のうち誤っているものはどれか。次から一つ選べ。

 

ア:pingの実行回数

イ:pingの実行間隔

ウ:pingのタイムアウト時間

エ:pingの送信先IPアドレス

 

 

 

問4.例題(監視機能)

Hinemosのプロセス監視機能では、監視対象サーバ上の何を監視するか。最も適切なものを一つ選べ。

 

ア:指定したプロセスの起動数

イ:指定したプロセスのCPU使用率

ウ:指定したプロセスの起動アカウント

エ:上記全て

 

 

 

問5.例題(ジョブ機能)

Hinemosのジョブの5つの構成要素として、最も適切な組み合わせを一つ選べ。

 

ア:ジョブユニット, ジョブネット, ジョブ, バックアップジョブ, 判定ジョブ

イ:ジョブユニット, ジョブネット, ジョブ, ファイル転送ジョブ, 参照ジョブ

ウ:ジョブグループ, ジョブネット, ジョブ, ファイル転送ジョブ, 参照ジョブ

エ:ジョブグループ, ジョブネット, ジョブ, バックアップジョブ, 判定ジョブ

 

 

 

問6.例題(ジョブ機能)

開始遅延で遅延を判定するための条件として、正しいものを1つ選べ。

 

ア:ジョブ開始後の時間

イ:セッション開始後の時間

ウ:ジョブ実行対象ノードのCPU使用率

エ:ジョブ実行対象ノードのシステム時刻とのずれ