共通基本機能

共通基本機能概要

Hinemosの共通基本機能とは、「収集・蓄積」、「監視・性能」、「自動化」の
すべての機能で共通的に使用する基盤となる機能です。

スコープを活用し
論理レイヤで運用設

管理対象機器(ノード)を利用用途でグルーピング(スコープ)可能です。

ジョブ管理分野で培った
高度なカレンダ設定

業務の営業日・メンテナンス日に合わせたカレンダ定義が可能です。

不要なメッセージラッシュ
防止の抑制機能も提供

Hinemosの各機能は、実行結果を様々な形で通知可能です。

1マネージャで
マルチテナント利用が可能

管理対象システムの要件に応じた、柔軟なアクセス制御可能です。

無停止運用を実現

収集・蓄積したデータの保存管理と管理DBの
メンテナンス機能を完備しています。
データの保存管理
収集・蓄積したデータ、実行地歴の保存期間の指定やバックアップ、リストアなどのデータ管理の機能が用意されています。
管理DBのメンテナンス
Hinemosに限らずDB管理にはフラグメンテーションに対し定期的な再編成が必要です。Hinemosではオンラインで可能です。

クライアントの
マルチマネージャ対応

Web・リッチクライアント共に複数マネージャの一括管理が可能です。

セルフチェック機構の強化

自分自身の異常の予兆をいち早く検知しINTERNALイベントで通知します。