収集・蓄積

収集・蓄積機能

ありとあらゆるデータを収集・蓄積してビックデータ分析に活用する機能です。
収集・蓄積
サーバ機器、端末、OS、MW、APなどのありとあらゆるデータを収集します。 収集するメッセージのタグ抽出や解釈を機能を拡張し、外部のビックデータ基盤、機械学習・AI基盤に転送する機能を提供します。

収集・蓄積 機能概要

ありとあらゆるデータを収集・蓄積管理し、そして分析・運用自動化を行うための機能です。

収集・蓄積 収集データの種類

数値・文字列・バイナリデータや、端末情報やHinemosの実行履歴までありとあらゆる情報を収集が可能になります。

収集・蓄積 ログメッセージのタグ抽出と集計

収集時のログメッセージのタグ抽出により、解析が容易になります。
ログフォーマットによるタグ抽出
規則性のあるログメッセージの内容をタグとしてメタ情報(キー・バリュー)を定義し抽出することができます。
タグを使ったログ集計
タグ情報単位のログメッセージの集計により様々な確度で障害などの分析が可能になります。

収集・蓄積 ログメッセージの解釈と検索効率化

複数行からなる複雑なログも1メッセージとして蓄積・検索が可能になります。
ログ複数行対応
主にファイルログのようなログの区切りがアプリケーション・ミドルウェアによって異なる場合に、どこからどこまでが「1つのログ」かを識別します。

収集・蓄積 データ分析基盤への転送

収集データを転送しSWH/ビックデータ分析基盤へ連携可能が可能になります。