特長・メリット

バイモーダル時代の攻めの運用を
実現する統合運用管理ソフトウェア

Hinemos(ヒネモス)とは、複数のコンピュータを単一のコンピュータのようなイメージで運用管理することを可能とする、統合運用管理ソフトウェアです。

多種多様なシステムの「統合運用管理」に必要となる
「収集・蓄積」「監視・性能」「自動化」といった機能を、
ワンパッケージで提供します。

Hinemosの特長

  • シンプル

    統合運用管理を
    シンプルに実現

    Hinemosは、システムの統合運用管理に必要な機能を、ワンパッケージで提供します。
    複数製品を複雑に組み合わせる必要もなく、運用監視後も、シンプル・統一的なインターフェースで統合運用管理に必要な運用操作をシンプルに実現できます。
    また、Hinemosの操作画面は、運用オペレータによるGUI操作を前提に設計されています。
    複雑な運用を、高度な知見を有するエンジニアによる操作を要することなく実現できます。
  • 日本製

    グローバルで活用が可能な
    日本製品

    海外製ジョブスケジューラー製品で実現可能な運用要件はもちろん、厳密に定義された業務カレンダを用いた、複雑なシステム運行処理のジョブ実行制御といった、日本の統合運用管理に必要とされる機能を完備しています。
    各種機能、インターフェース、マニュアル等ドキュメント類、サポート等各種サービスは、日本語・英語両言語にてご利用いただけます。
  • マルチ・
    ハイブリッドクラウド対応

    幅広い
    仮想化・クラウド環境に対応

    Hinemosは、幅広い仮想化・クラウドプラットフォームの統合運用管理に利用可能です。オンプレミス・物理サーバで構成されたシステムの運用管理はもちろん、仮想化・クラウド環境の統合運用管理も、Hinemos1つで実現できます。
  • 効率的な運用を実現する幅広い機能
  • 複雑な環境を、効率的に統合管理

    Hinemosは、「複数のノードを単一のノードのように運用管理する」ということをコンセプトに、
    管理対象のノードを様々な視点からグループ化/階層化することができます。
    具体的には、管理対象(ノード)となるコンピュータに関する情報を
    「リポジトリ」という形で集中管理しています。
    用途に応じたグループ階層を構築し、管理対象を複数のグループに登録することで、
    そのグループ単位でパフォーマンスチェックやジョブなどを表示・実行することができます。

  • ありとあらゆるデータを収集・蓄積

    サーバ・NW機器のパフォーマンス情報、稼働情報のみならず、ミドルウェア、アプリケーション、
    各種携帯・IoT端末の情報を収集し、蓄積管理することが亜kの宇です。NWキャプチャ、バイナリログ、ユーザアプリケーションから送信される情報も、Hinemosで収集することが可能です。
    データの種類・形式に関わらず、Hinemosで情報を収集し、収集データを分析・活用・運用自動化につなげることができます。

  • システムの稼働状況を確認し、
    見えるか・傾向分析

    管理対象機器から収集した様々なデータを収集し、システム稼働状況を監視、見える化することが可能です。
    収集した情報から、収集時の稼働状況のみならず、将来の状態を予測し、アラートを上げることが可能です。
    また、過去の収取データから傾向を算出し、変化量を監視することで、普段と異なる挙動をいち早く検知し、アラートを上げることも可能です。

  • 環境構築から業務処理、オペレータによる
    運用までを自動化

    システム環境構築・変更に必要となる一連の作業の定型化はもちろん、システム運行に必要となる複雑なジョブフローの運行管理、オペレータが手順書ベースで実行していた各種運用操作の定型化、自動化を実現できます。
    環境構築・システム運行・Runbook Automationに必要な各種機能を、統一的なGUIインタフェースで利用可能です。

Hinemosを利用するメリット

簡単導入

システムの統合運用管理を容易に実現可能

  • ワンパッケージ

    システムの統合運用管理に必要となる 幅広い機能を、複数製品を組み合わせる・連携させることなく、Hinemos1つで統合運用管理を実現できます。
  • 運用管理の統合・一元化

    環境毎、管理対象レイヤ毎に、複数の運用管理製品を使いこなす必要なく、物理環境・仮想環境・クラウド環境上に構築されたシステムの、基盤からOS、ミドルウェア、アプリケーションまでを、Hinemos1つで統合的に管理できます。
  • 直観的な
    ユーザインタフェース

    製品に関する高度な知見がなくても、日々の運用管理に必要な操作をシンプルかつ直感的にご利用いただけるユーザインタフェースで、幅広い機能が利用可能です。
検知と予測

障害の検知はもちろん、障害発生の予測・未然防止が可能

  • 障害の検知・発生の予測

    数値・文字列・バイナリデータなど、様々な情報を管理対象機器から収集し、監視することが可能です。管理対象システムの異常発生を正確かつ迅速に検出するための監視を、容易に実現することが可能です。
  • 障害発生の予測

    管理対象機器から収集した様々な情報から、将来取り得る値の予測や、異常な変化量、相関関係の崩れを検出します。監視対象リソースの将来的な枯渇や、普段と異なる挙動など、単純な閾値監視、文字列監視等では検知が難しい挙動を、いち早く、容易に把握することができます。
  • アクション・対処の自動化

    発生してしまった障害に対する対処はもちろん、障害発生の予測結果に応じた複雑なアクションを、容易に自動化可能です。システムを構成する複数の管理対象機器にまたがる、順序性・条件分岐を伴う複雑な対処の定型化・自動化を実現できます。
コストダウン

運用のトータルコスト削減が可能

  • オールインワン

    単なる監視機能のみならず、真の統合運用管理に必要となる幅広い機能を、ワンパッケージ・低コストで提供します。
  • ライセンス体系

    管理対象システムの、リソース需要に応じた動的な構成変更に影響を受けないライセンス体系を有しています。運用管理製品のライセンス体系を気にすることなく、仮想環境・クラウド環境を利用するメリットを最大限活用できます。
  • 負担・作業量の低減

    日々の運用操作をHinemosで定型化・自動化することで日々の運用操作における負荷、作業量を減らすことで、運用のトータルコストを削減できます。
サービス・サポート

総合的なサービス・サポートをご提供

  • ソフトウェア

    エンタープライズ環境でHinemosを利用する上で必須のソフトウェアが入手可能となります。また、お客様のHinemos環境を堅牢・安定的にご利用いただくための、最新アップデート情報や、パッチのリリース情報の配信を受信頂くことが可能です。
  • アップデート

    最新アップデートやパッチのお知らせ等が定期的に配信されるため、お客様環境を堅牢に保ちます。
  • トレーニング・
    サポート

    体系的に学習できる有償のHinemosトレーニングコースの受講チケットが付属されます。また、ナレッジベースや技術資料で解決できない場合は、サポート窓口からお問い合わせも可能です。