Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

SAP HANA の運用管理 第2回 AWSでSAP HANA環境を構築

株式会社NTTデータ 澤井 健

株式会社クニエ 芦田 剛士

作成日 2016/11/30
更新日 2017/1/31

概要

第1回では、なぜSAP HANA基盤の運用管理にもHinemosが適しているか、を解説しました。

第2回では、HinemosによるSAP HANAの運用管理が簡易に行えることを確認するため、AWS上にSAP HANA環境を構築する手順を紹介します。

 

AWSへSAP HANA環境を構築

AWS上にSAP HANA環境を構築します。手順は以下の通りです。

 

1.SAP CloudApplicance LibraryサイトのログインID作成

2.SAP CloudApplicance LibraryのIDとAWS IAMの関連づけ

3.SAP Hanaサーバ作成

 

本手順は、以下のURLを参考にしています。

http://go.sap.com/developer/tutorials/hana-setup-cloud.html

 

1.SAP CloudApplicance LibraryサイトのログインID作成

下記にアクセスしてSAP CloudAppliance LibraryへのログインIDを作成します。

https://cal.sap.com/

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

改めてログインします。

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

AcceptすることでSAP CloudAppliance Libraryへのログインが完了しました。

 

2.SAP CloudApplicance LibraryのIDとAWS IAMの関連づけ

SAP CloudApplicance LibraryのIDとAWS IAMの関連づけを行います。まずAWS側の準備を行います。

 

・ 対象とするリージョンにVPC環境を作成しておく

・ 下記の権限のあるAWSのIAMユーザを作成しておく

EC2FullAccess

AmazonVPCFullAccess

ReadOnlyAccess

AWSAcountUsageReportAccess

 

IAMユーザ作成の具体的な手順としては、まず最初に、グループ hanadevを作成し、管理ポリシーとして下記ポリシーをアタッチします。

EC2FullAccess

AmazonVPCFullAccess

ReadOnlyAccess

AWSAcountUsageReportAccess

 

そして、IAMユーザ hanadev を作成し、グループhanadevに所属させます。

 

[ユーザ hanadev]

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

[グループ hanadev]

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

[参考URL]

https://wiki.scn.sap.com/wiki/display/ATopics/FAQ+-+Specific+questions+for+Amazon+Web+Services

 

AWS側の準備ができたので、SAP CloudApplicance Library のIDに、IAMユーザのAccessKeyとSecretKeyを登録します。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

3.SAP Hanaサーバ作成

SAP CloudApplicance LibraryのIDとAWS IAMの関連づけが終わったので、SAP CloudApplicance LibraryからAWS上にSAP HANAサーバを作成してみます。まず、Solutionの中から「developer」で検索して、「SAP HANA, developer edition 1.0 SPS 12」を探し、「Create Instance」を押下します。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

条項をAcceptします。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

Instance Detailsにてパスワードを設定します。このパスワードはHanaDBのSYSTEMユーザのパスワードになります。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

ここでAWSマネジメントコンソールを確認すると、HANAサーバを起動していることが確認できます。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

しばらくすると、HANAサーバの作成が完了します。AWSマネジメントコンソールより、IPアドレスが51.146.157.224、OSがSUSE Linux Enterprise Server 11 SP4であることが確認できます。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

次に、VPC環境にHinemosマネージャと踏み台サーバを構築します。

HANAサーバにrootでログインします。サーバ起動して直ぐにログインするとWARNINGが表示されますので、ご注意ください。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

 

再度時間をおいてからログインすると下記のようなメーセージが表示されます。

 

↓クリックすると画像が拡大されます↓

おわりに

第2回では、HinemosによるSAP HANAの運用管理が簡易に行えることを確認するため、AWS上にSAP HANA環境を構築する手順を紹介しました。

第3回では、SAP HANAが動作するSUSELinux環境にHinemosエージェントをインストールする手順を紹介します。

 

お問い合わせ

 

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ