Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ先端技術
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

クラウド運用管理特集

クラウド運用管理

クラウドを運用管理するために考えなければいけないこと

Amazon Web ServicesやBizホスティングCloudn、Microsoft Azureのようなクラウドサービスを対象とした運用管理は、従来の物理的なサーバ、ストレージなどを基盤とするシステム環境と比較して、下記の特徴を踏まえた運用管理を設計、実行する必要があります。

迅速性、柔軟性、拡張性

従量課金制

環境の組み合わせが可能

クラウドサービスが本来持つメリットを十分に享受するためには、これらを踏まえた運用管理ツールを選定、活用することが重要です。

迅速性、柔軟性、拡張性

クラウドサービスにおいては、必要に応じてサーバ、ストレージなどのリソースを、即時に、必要な量・大きさを、必要なだけ確保することができます。クラウドを運用管理する仕組は、この管理対象の変化にリアルタイムに適応できることが求められます。その適用ができる運用管理ツールを利用しないと、不完全な運用管理により品質低下を招くことになるか、クラウドを利用することによるスピードを損ない、運用管理がシステム全体を硬直化させてしまいます。

クラウド運用管理

従量課金制

リソースを使った時間、量だけ課金されるという点もクラウドサービスの特徴です。ただし、それをメリットとして享受するためには、実際に必要なリソースを適切な量、大きさで、適切な時間だけ利用するようなコントロールが求められます。そのためには、運用管理ツールにおいて、監視、性能管理と連携してリソースコントロールを行うことができる機能が必要になります。

クラウド運用管理

環境の組み合わせが可能

多種多様なクラウドサービスが台頭してきており、その特徴も様々です。そのため、ユーザが各クラウドのオンプレミスのプラットフォームの特徴を活かして多彩なシステム構成が採用できるようになってきています。しかし、クラウドサービスやオンプレミス環境が混在するようなハイブリッドクラウド環境のコントロールが難しいという問題もあります。

クラウド運用管理

Hinemosによるクラウド運用管理

監視ジョブ管理機能

Hinemosは監視とジョブ管理機能を同一ソフトウェアとして併せ持つ統合運用管理ツールです。このため、監視機能とジョブ管理機能の連携は容易です。すなわち、リソースの負荷、性能を監視し、それに応じてリソースを追加、縮小するコントロールを行うことが簡単にできます。もちろん、ジョブスケジュールによるリソースの時間制御も可能です。これによって、クラウドの利用コストを抑え、その恩恵を最大限に享受できるようになります。

リソースの自動検知(クラウド仮想化オプション

Hinemosは、クラウドサービスで新たに作成されたノードを自動検知し、管理対象ノードとして認識します。(要クラウド仮想化オプション)これにより、動的に追加されたノードも自動的に監視対象とすることができ、運用監視レベルを損なうことなく、柔軟なクラウドの活用を実現します。

課金アラート(クラウド仮想化オプション

Hinemosは、クラウドのリソースだけではなく、課金情報を監視し、しきい値に応じて通知を行うことができます。(要クラウド仮想化オプション)クラウドを活用することによって変動要素となるサーバなどの費用を適切に管理し、変化を受容可能なシステム運用管理を実現します。

オープンソースソフトウェアとしてのHinemos

サーバ・インスタンスの追加が必要となった場合に、オープンソースとして提供しているHinemosであれば、ライセンスを気にすること無くシステム拡張を進めることが可能です。クラウド環境でリソースを拡張する際に、一般的な商用の運用管理製品で必要となるような、コスト、予算計画、事務手続、納期などの制約から解放され、クラウドの柔軟な活用を妨げません。

Hinemosのクラウドサービス対応状況

クラウドサービスでのHinemosソフトウェアの稼働(2016/10/13現在)

クラウドサービス Hinemos
マネージャ
Hinemos
エージェント
Hinemos
クライアント
Amazon Web Services
(AWS)
BizホスティングCloudn
(Cloudn)
Microsoft Azure
(Azure)
Managed Cloud Platform
(MCP)
BizホスティングEnterprise Cloud
(BHEC)
IIJ GIO
(IIJ GIO)
ニフティ クラウド
(NIFTY Cloud)
Google Cloud Platform
(GCP)
ソフトレイヤー
(SoftLayer)

○:稼働実績あり
△:稼働要件(スペック、OS、ネットワーク要件)を満たせば可
※その他のクラウドサービスも原則稼働要件を満たせば利用可能です

クラウドサービスへの運用管理機能対応(2016/04/01現在)

クラウド
サービス
監視
(基本)
監視
(サービス特有)
ジョブ管理
(基本)
リソース
自動検知
課金
アラート
AWS
Azure 開発中 開発中

お問い合わせ

クラウド仮想化オプション、その他Hinemos製品/サービスに関するお問合せは、

Hinemosパートナー企業、もしくは、NTTデータ Hinemos営業窓口までご相談ください。

 

ご相談・お問合せ

 

クラウド関連の技術情報

★★詳細は、コンテンツタイトルをクリックして確認してください★★

 

Hinemosを使ってAWS利用料金を削減しよう

 

 

Hinemosクラウド管理スタートアップ

 

 

Hinemosで始めるクラウド管理

 

 

AWS関連情報

 

 

関連製品

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ