Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

Hinemos VM管理オプション

仮想化環境と従来環境をシームレスに運用

Hinemos VM管理オプションとは

Hinemos VM管理オプションは、VMwareやKVMなどの仮想化ソフトウェアの普及に伴い、従来よりも短期間で変動するシステム構成を自動で検知・反映する統合運用管理機能を提供し、仮想環境に特化した監視を実現する有償オプションです。仮想化に伴って必要となる監視を行うことで、仮想化環境特有の問題を回避したり、仮想化特有の操作によって変化する管理対象の状態に対して、Hinemosが自動的に追随することができるようになります。

VM管理オプション_01

特徴

仮想化混在環境を一元管理

Hinemos VM管理オプションを追加すると、仮想環境と非仮想環境が混在した環境を一元的に監視管理できるようになります。複数の仮想化ソフトウェアに対して統一的なインタフェースで操作できます。ユーザがVMwareやXenなどの仮想化ソフトウェアの差異を意識する必要はありません。

VM管理オプション_02

Hinemos VM管理オプションでは電源ON、電源OFF、シャットダウン、再起動、サスペンド、複製(クローン)、削除、移動(マイグレーション)、設定変更(CPU, MEM)などの操作が可能です。

サーバリソースの有効活用

Hinemos VM管理オプションにより、一般的な監視方式(SNMPプロトコルなど)では取得できない仮想マシン特有の性能情報が取得できます。それらの性能情報を蓄積して可視化されたグラフなどから傾向分析して、Hinemosから仮想化ソフトウェアに対してリソース割り当てを制御することにより、全体的なリソース配分をいつでも最適な状態で管理できます。

VM管理オプション_03

仮想マシン構成の自動管理

Hinemos VM管理オプションにより、仮想環境で稼働する仮想マシンを自動検出し、Hinemosのリポジトリを自動更新します。これにより、運用中に新規に追加された仮想マシンや再配置された仮想マシンの稼働場所の把握が容易になります。この機能を利用すると、運用時の構成管理コストを低減することができます。

VM管理オプション_04

製品デモムービー

下記のデモでHinemos VM管理オプションの機能をご確認いただけます。

 

 

こんなときにオススメ

システム基盤にVmware、Hyper-V、KVMといった仮想化環境を採用したい
仮想化環境とオンプレミスが混在したシステムを運用したい
ライブマイグレーションのような物理環境と仮想環境のマッピングが変更するようなシステム構成に対応したい
複数のハイパーバイザーを跨った環境での運用をシームレスに行いたい

 

機能一覧

構成管理 仮想マシン自動登録
仮想マシン自動割当
仮想マシン自動追尾

リソース監視

仮想マシン専用リソース収集

運用支援

仮想マシン操作

FAQ

Q1 Hinemos VM管理オプション導入に必要となる作業には何がありますか?

A1

既存のHinemosクライアントとHinemosマネージャに本オプションを追加インストールする必要があります。
Q2 Hinemosは仮想化環境上のサーバで動作しますか?

A2

Hinemos本体の動作OSであれば問題なく動作します。
Q3 対応しているハイパーバイザーは?

A3

VMwareなど様々なハイパーバイザ-の対応を計画しています。 詳細は紹介資料を参照ください。

動作環境

Hinemosバージョン 動作

Hinemos VM管理

オプションバージョン

Hinemos ver.4.0

ver.2.3

Hinemos ver.4.1

ver.2.4

 

関連情報

詳細資料・お問い合わせ

HinemosVM管理オプションのリーフレットはこちら
Hinemosのオプション製品は、Hinemosパートナーよりご提供しております。

 【オプション製品入手のご相談はこちら

【その他のお問い合わせはお問い合わせフォームへ

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ