Hinemos Monicolle製品サポートサイクル

製品サポートサイクル概要

Hinemos Monicolle本体の製品サポートサイクルは通常保守サービス、延長保守サービス、特別延長保守サービスの3つのサポート期間から構成されます。最長で10年間の保守サポートを受ける事が可能です。

 

 

 

  通常保守サービス 延長保守サービス 特別延長保守サービス

期間※1

5年 3年 最大2年

マイナーバージョン
リリース

あり なし なし

修正パッチ作成※2

あり なし なし

技術問い合わせ※2

※1:Hinemos Monicolleのバージョン表記は基本的にはa.b.cという表記になります。a.bまでがメジャーバージョン、cがマイナーバージョンを表しています。例えばver.1.0.1はメジャーバージョンが1.0、マイナーバージョンは1となります。cが省略されている場合メジャーバージョン部分のみをご確認下さい。
※2:修正パッチ作成・技術問い合わせは契約者様向けサービスとなります。

 

通常保守サービス

通常保守サービスはHinemos Monicolleメジャーバージョンリリースを起点に5年間適用される保守サービスです。
通常保守サービス期間内ではマイナーバージョンのリリース、修正パッチ作成、技術問い合わせ対応を行います。

延長保守サービス

延長保守サービスは通常保守サービス終了後、3年間適用される保守サービスです。
延長保守サービス期間内では技術問い合わせ対応を行います。

 

特別延長保守サービス

特別延長保守サービスは延長保守サービス終了後最大2年間適用される保守サービスです。
特別延長保守サービス期間内では技術問い合わせ対応を行います。

製品サポート終了日

Hinemos Monicolle本体の製品サポート終了日は以下の通りです。

 

 

バージョン 通常保守サービス 延長保守サービス 特別延長保守サービス
1.0 2024年3月31日 2027年3月31日 2029年3月31日