クラウド管理・VM管理機能 (Hinemos Monicolle)

クラウド管理・VM管理機能

クラウド管理・
VM管理機能とは

クラウド管理・VM管理機能は、AWS、Azure、Hyper-V、VMwareといった環境上に構築されたシステムの クラウド・仮想化ならではの運用を、運用者の負荷を高めることなく実現する機能です。 クラウド管理・VM管理機能は、Hinemos Monicolleサブスクリプションを購入することで利用可能です。

本機能をご利用いただくことで、ハードウェア・OS・アプリケーションのシステム監視といった Hinemos Monicolleの基本機能に、クラウド・仮想化環境専用の運用機能を追加することができます。

クラウド管理・VM管理機能で実現できること

  • オンプレミス環境・仮想化・クラウド環境の運用一元化

    マルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境の一元的な運用を可能とします。

    AWS、Azure、VMwareといったクラウド・仮想化環境に特有のリソース・サービスの情報や、
    従来の仕組みでは正確な値の取得が難しいリソース値を、Hinemos Monicolleで一元的に監視することが
    可能となります。また、クラウド・仮想化環境に対する各種操作の一元化を実現します。

  • 高信頼化

    運用管理システムを冗長化し、信頼性を高めます。

    技術的な制約が多いクラウド・仮想化環境上においても
    ミッションクリティカル機能と組み合わせて利用することで、
    クラウド監視収集システムの冗長化を実現できます。
     

  • 運用結果の可視化

    クラウド・仮想化環境に対する運用管理結果を容易に可視化できます。

    クラウド・仮想化環境に対する監視結果や、各種運用管理結果を、
    運用管理画面上でのマップ表示、レポートの形で視覚的に確認できます。