Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ先端技術
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

【レポート】AWS Summit Tokyo 2014 Hinemos出展レポート公開!!

~AWS Summit Tokyo 2014  Event Report~

2014年7月17日(木)~7月18日(金)にグランドプリンスホテル新高輪にてアマゾン データ サービス ジャパン株式会社様主催のAWS Summit Tokyo 2014が開催されました。

 

本イベントでは、展示ブースにてHinemosのクラウド対応の最新ソリューションのデモンストレーションと、18日(金)のNTTデータのブレイクアウトセッション(セミナ講演)の中でHinemosによるクラウド運用自動化の講演を行いました。

 


NTTデータのブレイクアウトセッションの様子

 

展示ブースとブレイクアウトセッション共に、多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。

今後も皆様のご期待に沿えますよう、日々精進して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

展示ブースとブレイクアウトセッションのレポートをまとめましたので、是非ご覧下さい。

 

 

ブレイクアウトセッション
発表資料
展示ブース
最後に
関連情報
技術情報
お問い合わせ

 

 

 

 

ブレイクアウトセッション

日程:7/18(金)14:20 - 15:00

講演トラック:Enterprise Advance

講演タイトル:

AWS上のシステムはこう作る!

InfrastructureAsCode/ImmutableInfrastructureを実践した構築自動化とHinemosで実現するクラウド運用自動化

講師:浅野 吉宏、錦織 真介、長妻 賢(株式会社NTTデータ)

 


HinemosによるAWSの運用自動化を語る長妻 賢(株式会社NTTデータ)

 

 

講師紹介

長妻 賢(ながつまさとし)

Hinemos開発・保守担当/HinemosのAWS対応責任者

 

レポート

NTTデータのセッションでは、約1000名の申し込みがあり500名以上のキャパシティのセミナ会場が満席で立ち見が出るほど盛況でした。本セッションでは、浅野 吉宏よりNTTデータのAWS/クラウドの取り組みを、錦織 真介より構築自動化を、長妻 賢よりHinemosによる運用自動化を紹介させて頂きました。クラウドの特徴こそが運用管理を難しくし、結果としてクラウドのメリットを活かせなくなるという点を指摘し、これをHinemosにより解決する方法をご紹介しました。

 

 


HinemosのAWS事例の紹介

 

また、AWS Summt Tokyo 2014にてお披露目になるHinemos HA on AWSの機能紹介や、HinemosのAWS事例として株式会社アールシーコア様(株式会社ホロンテクノロジー提供)Webベースのソーシャルゲーム基盤(株式会社アトミテック提供)を紹介いたしました。最後に、AWSへのシステム導入に向けたHinemosのソリューション・サービスを紹介いたしました。

 

 

クラウド運用管理支援サービス CloudAL(クラウダル)

        提供:株式会社ホロンテクノロジー

 

クラウドへのジョブ管理環境移行サービス

        提供:株式会社クニエ 提供:株式会社アトミテック

 

Hinemos SAP連携ソリューション

        提供:株式会社クニエ

 

 

発表資料

AWS上のシステムはこう作る!

InfrastructureAsCode/ImmutableInfrastructerを実践した構築自動化

(Enterprise Advance NTTデータセッション前半)

 

 

AWS上のシステムはこう作る!

Hinemosで実現するクラウド運用自動化

(Enterprise Advance NTTデータセッション後半)

 

 

★ブレイクアウトセッションを聞き逃してしまった方、必見のセミナはこちら

 

 

 

展示ブース


NTTデータ展示ブースの様子①

レポート

展示会場では、GOLDスポンサーであるNTTデータの展示ブースにて、Hinemosのクラウド対応の最新ソリューションをデモンストレーションと共に紹介いたしました。

 

 

NTTデータ展示ブースの様子②

 

Hinemosの展示内容は次の4つの内容をデモンストレーションと合わせて紹介いたしました。

 

①クラウド運用自動化 ~監視もジョブも変化する環境に自動で対応~

AWSのアカウントをHinemosに登録するだけで、EC2インスタンスの情報を全て取得してリポジトリに登録し、直ぐに監視やジョブの運用が開始できるといったデモンストレーションが好評でした。AutoScalingにも対応し、EC2インスタンスのタグを使って指定のスコープにEC2インスタンスを割り当てることで、簡易に監視とジョブの自動化が実現でき、「直ぐに使ってみたい」というお声を頂きました。

 

②課金管理 ~マルチアカウント運用時の正しい料金の配賦管理~

既に皆さんが課題を抱えている複数アカウントや一括請求(Consolidated Billing)環境下での課金管理についても、作りこみなど必要なく簡単に課金アラートを上げたり、Hinemosの集計データを使ったエクセルによる簡易分析など、非常にご好評でした。

 

③Hinemos HA on AWS ~Hinemos自身のノンストップ化ソリューション~

2014年9月にクラウド管理オプションEnterprise版に追加予定の、AWS上でHinemosの可用性を向上させるHinemos HA on AWSを紹介させて頂きました。やはり、AWS上の運用自動化を進めるためには、監視やジョブを司る運用管理ツールの安定性が求められます。監視やジョブが止まってしまうことは許されません。「今、まさに欲しい」というお声を頂いたので、少しでも早くリリースできるよう開発を進めております。

 

④Hinemos V to C ソリューション ~Hinemosによる災害対策ソリューション~

AWSの新たな使い方として、VMwareで構築したサイトのDRサイトとして常に最新の情報を保持できるようにHinemosでコントロールするV to Cソリューションを紹介しました。VMwareの仮想マシンイメージを定期的にAWS上にインポートし、サイト障害発生時にはAWS上のシステムが短期間で最新の状態で起動できるような運用が可能です。監視だけではなくジョブ制御の機能をもつHinemosだからこそ実現できる内容であり、「お客様提案に使ってみたい」といったお言葉を頂きました。

 

 

◇Hinemos展示ブース当日配布資料

こちらから

 

◇Hinemos書籍について

Hinemos展示ブースにて紹介させて頂いたHinemos書籍は、2014年8月5日に発売予定です。

 

 

Hinemos統合管理[実践]入門(Software Design plus)

大型本: 520ページ

出版社: 技術評論社 (2014/8/5)

ISBN-10: 4774169846

ISBN-13: 978-4774169842

発売日: 2014/8/5

 

 

★本イベントに参加出来なかった方、必見のセミナはこちら

 

 

最後に

Hinemosは、今後もAWSを初めとするクラウドサービス上のシステム運用の自動化・効率化を実現していきます。Hinemosパートナー企業共々、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

関連情報

クラウド特集

Himemosクラウド管理オプション

Hinemosのダウンロード

Hinemos各種オプション製品リーフレット

 

 

技術情報

クラウド管理スタートアップ for AWS(環境構築編)

クラウド管理スタートアップ for AWS(自動化編)

クラウド管理スタートアップ for AWS(監視編)

 

 

 

お問い合わせ 

【オプション製品入手のご相談はこちら

【その他のお問い合わせはお問い合わせフォームへ

 

 

 

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ

セミナー・イベント情報一覧