Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ先端技術
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

Hinemosクラウド仮想化 for AWS

Hinemosクラウド仮想化 for AWSとは

Hinemosクラウド仮想化 for AWSは、Amazon Web Services(以下AWS)を利用したシステムを運用管理・構築・活用する機能をHinemosに付加する、クラウド管理・VM管理機能のサブ機能です。

 

Hinemosクラウド管理オプション for AWS

EC2,EBS,VPC,EBS,CloudWatchといったAWSのサービス・コンポーネントと連携し、オンプレミス環境を運用するイメージで、AWS環境をシームレスに運用できる機能を提供します。

 

 

Hinemosクラウド仮想化 for AWSの特徴

Hinemosクラウド仮想化 for AWSでは、運用者の負荷を高めることなく、オンプレミス環境を運用するイメージでAWS環境の統合運用管理を実現するための、以下特徴を有しています。

 

多種多様なAWSのサービスに対応

 

EC2 VPC
IAM AutoScaling
EBS ELB
Snapshot SecurityGroup
CloudWatch  

Hinemosクラウド仮想化 for AWSは、EC2やAutoScalingなど、

AWSが提供する様々なサービスに対応しています。

 

ユーザで独自に作りこみを行うことなく、多種多様なサービスの

運用管理を容易に実現できます。

 

 

 

 

AWS特有リソースの把握も容易に

 

 

従来の管理プロトコル(SNMPなど)で取得した値に加え、

AWS環境特有のリソース値を管理API経由で取得する

ことで、環境全体の正常性を監視できます。


例えば、AWS環境特有のリソース値(EC2 CPUクレジット数、RDS リードレプリカラグELB LBレイテンシなど)を監視することで、サービス体系に起因したインフラ側への影響を事前に検知し、回避できます。

 

 

システム単位の課金管理を実現

 

AWSをはじめとするクラウドサービスの利用に際し、

同一アカウントにて複数のシステムを

構築・管理するようなケースが増えています。

 

こういったケースにおいては、クラウドサービス側から

提供される「アカウント単位」の費用請求だけでは、

適切な課金管理が行えません。

Hinemosクラウド仮想化 for AWSは、

ユーザが求める「システム単位」の課金配賦が可能です。

 

 

ミッションクリティカルな運用管理にも

 

「Hinemos HA on AWS」(※1)をご利用頂くことで、Hinemosを構成するコンポーネントに障害が発生しても、

ジョブ実行や監視を継続することが可能です。

 

運用の一元化を実現

Hinemos HA on AWSは、CloudFormationの

テンプレートから容易に導入が可能です。

より高度な高可用化機能を提供する

ミッションクリティカル機能とともに、

運用要件に応じて、AWS環境上でHinemos自身を

高可用化するもうひとつの選択肢として、

Hinemos HA on AWSをご利用頂けます。

 

Hinemos HA on AWSでは、AWSのAuto Scaling によりHinemosのEC2インスタンスを冗長化し、運用管理業務を

継続します。EIPを利用し、透過的なHinemosへのアクセスを実現しているため、複雑なHinemosのネットワークの

設計は必要ありません。また、RDS (Multi-AZ) に管理情報を格納し、障害発生時にも、監視・ジョブの実行結果を

保護します。

 

(※1)Hinemos HA on AWSは、Hinemos ver.5.0までのご提供となります。

 

機能詳細

Hinemosクラウド仮想化 for AWSには、クラウド環境の高度・柔軟な運用を可能とし、全ての機能をご利用頂ける商用版、

ご利用頂ける機能を一部限定し、クラウド運用に必要となる基本機能を無償でご利用頂けるコミュニティ版がございます。

 

詳細は、下記「機能一覧表」をご確認ください。

 

  機能一覧表

 

 

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ