Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ先端技術
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

監視・性能

監視・性能機能とは

システムの稼働状況を確認し、見える化と傾向分析を実現する機能です。

 

監視

システムの稼働状況を確認するための22種類の監視機能を提供します。複雑な作り込みは不要、GUI操作だけで監視を開始可能できます。ユーザによる監視のカスタマイズ(スクリプト・コマンド連携)も可能です。

 

 

性能

監視結果や収集したデータを性能グラフとして表示します。グラフ上から閾値(正常・警告・危険)のフィードバックが可能です。蓄積データによる未来予測・変化量を使い「過去」から「未来」までを見える化が実現できます。

 

 

監視機能 機能詳細

多種多様な監視をGUIから簡単設定・簡単実行できます。ユーザの作込みが不要なため直ちに導入可能です。

 

監視項目 概要
PING監視 対象機器へのping応答の有無により死活状態を監視します。
プロセス監視 起動しているプロセス数から状態を監視します。
リソース監視 対象機器のリソース情報を取得してその状態を監視します。
サービス・ポート監視 特定のサービス・ポートについて、応答有無や応答時間から状態を監視します。
Windows サービス監視 Windows サービスの状態を監視します。
Windowsイベント監視 Windowsイベントログに出力されたメッセージを監視します。
Hinemosエージェント監視 Hinemos エージェントの死活状態を監視します。
HTTP監視 Webサーバの応答有無や応答時間、レスポンスの内容から状態を監視します。
HTTPシナリオ監視 複数のURLへ順にアクセスし、想定されるアクセスが可能かを監視します。
SNMP監視 汎用的なプロトコルSNMPの応答の内容を監視します。
SNMPTRAP監視 対象機器からSNMPTRAPを受信することで、対象機器の状態を把握します。
SQL監視 DBサーバの応答有無や応答時間、SQLレスポンスの内容から状態を監視します。
JMX監視 Javaアプリケーションのヒープメモリサイズ等の状態を監視します。
ログファイル監視 特定のログファイルに出力されたメッセージを監視します。
システムログ監視 各種OSのシステムログに出力されたメッセージを監視します。
ログ件数監視 指定のメッセージを含むログの一定期間の出力量を閾値監視をします。
相関係数監視 2値の相関係数に対して閾値監視をします。
収集値統合監視 指定した複数の条件を満たすか否かを監視します。
バイナリファイル監視 バイナリファイルを監視します。
カスタム監視 ユーザ定義のコマンド/スクリプトの実行結果(数値・文字列)を監視します。
カスタムトラップ監視 json形式でHinemosマネージャに送信された情報(数値・文字列)を監視します。

 

監視機能 監視結果の視覚的な確認(ノードマップ)

監視結果は、グラフィカルに確認可能です。

 

 

監視機能 エージェントレスで利用可能な監視機能

多くの監視機能は、エージェントレスで利用可能です。

 

監視機能(Linux)

・PING監視
・プロセス監視
・リソース監視
・サービス・ポート監視
・SNMP監視
・JMX監視
・HTTP監視
・HTTPシナリオ監視
・SQL監視
・SNMPTRAP監視
・システムログ監視
・カスタムトラップ監視

 

監視機能(Windows)

・PING監視
・プロセス監視
・リソース監視(※1)
・サービス・ポート監視
・SNMP監視
・JMX監視
・HTTP監視
・HTTPシナリオ監視
・SQL監視
・SNMPTRAP監視
・Windowsサービス監視
・カスタムトラップ監視

 

(※1)エージェントレスの場合、取得項目に一部制限あり

 

エージェントの導入が必要な監視機能

一部の監視機能は、エージェントを導入することで高度かつ・セキュアな監視が実現できます。

 

監視機能(Linux)

・Hinemosエージェント監視
・ログファイル監視
・バイナリファイル監視
・パケットキャプチャ
・カスタム監視(※2)

 

監視機能(Windows)

・Hinemosエージェント監視
・ログファイル監視
・バイナリファイル監視
・パケットキャプチャ
・Windowsイベント監視
・カスタム監視(※2)

 

(※2) 監視対象以外の代理サーバ上のエージェントを利用することで様々な機器の監視が可能になります。

 

監視機能 監視結果の通知

監視結果は、様々な手段で運用者に通知できます。

 

 

監視機能 業務カレンダ制御

高度なカレンダ設定が、監視設定や通知設定に適用可能です。

 

 

日中帯と夜間の異なるワークロードに対する制御も容易に実現します。

 

 

性能グラフ機能

性能グラフ機能 機能概要

システムの「過去」から「未来」までの見える化を実現可能です。

 

 

性能グラフ機能 監視設定へのフィードバック

グラフ上で、リソース監視の閾値確認・変更が可能です。また、過去の収集データ(運用実績)を見ながら、監視設定の適切な閾値を設定することも可能です。

 

 

性能グラフ機能 将来予測と変化量によるグラフ表示

収集したデータを元に将来予測値や変化量からの分析が可能です。
 

 
  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ