Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

ジョブ機能

ユーザ作成ジョブを、複数の管理対象で連携させて定義・実行する機能です。

 

ジョブの定義、任意ジョブからの開始・停止・中断・再開などを行うことが可能で、ジョブの進捗状況は一覧画面で確認が可能です。登録ノードに対して、任意の形・順序にてジョブの定義や実行が可能です。また、監視機能と連動させることにより、イベント発生時にジョブ機能にて登録したジョブを必要時に実行させることも可能です。

 

ジョブネットによる効率化

複数ジョブを任意の順序でまとめて定義・実行ができ、全てのジョブは、階層的に管理・表示されます。

 

スケジュール運用

任意の日付・時間・曜日等にジョブの開始、停止、中断、再開のスケジュールが可能です。

 

管理者への通知

通知機能を利用することによりジョブ実行結果を画面表示、メール送信など様々な通知形式で運用することができます。

 

複数サーバの一括ジョブ実行

処理対象となるジョブ設定時にグループ(スコープ)単位に指定することにより、グループに属する複数サーバに対して一括でジョブ実行することができます。

 

きめ細かなジョブの制御

ジョブで実行するコマンドの引数指定や実効ユーザの指定が可能です。また、後続するジョブの起動判断を先行するジョブの処理結果の値(終了値)や時刻など複数の条件により指定することも可能です。

 

これらの条件を用いることで、複数のジョブが終了した際に1つのジョブを開始するように指定したり、逆に1つのジョブが終了した際に複数のジョブを開始するように指定することもできるなど、きめ細かなジョブの制御が可能になっています。

 

 


ジョブ機能の設定画面

 

 


ジョブ機能の進捗確認画面

 

関連情報

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ