Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

Hinemosの導入構成

Hinemosは、3つのコンポーネントから構成されます。

運用管理サーバ(Hinemosマネージャ)

Hinemosの運用管理機能を提供するサーバ。

各種設定内容を保持し、設定された監視機能やジョブ管理機能の実行を指示します。また、監視結果やジョブ実行結果を内部DBに蓄積します。
 

 

管理対象システム(Hinemosエージェント)

Hinemosの管理対象となるIT機器。
専用エージェントを導入しなくても、大半の監視機能が使用できます。専用エージェントを導入することにより、すべての機能が使用できます。

 

 

運用管理端末(Hinemosクライアント)

オペレータが操作する統合コンソール端末。
GUIアプリケーションのリッチクライアントと、ブラウザ経由でアクセスできるWebクライアントの2種類あります。
Hinemosの設定を行う他、監視状況の把握、ジョブの実行状況把握など、システムの稼働状況を表示します。
リッチクライアントでもWebクライアントでも、設定の追加や結果の確認など、同じように操作することができます。

 

Hinemosリッチクライアントの操作イメージ

HinemosWebクライアントの操作イメージ

 

 

Hinemosの導入構成

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ