Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

運用管理ソフトウェアを利用するメリット

手作業・手作りの限界 ~人手のみに頼る運用管理の脆弱性~

 

従来のシステム運用管理では、管理者やオペレーターによる手動での運用に頼っていたのが現状です。しかし、そうした運用管理の方法では、以下の課題が常につきまとうことになります。

 

 

運用コストの増大

信頼性の高いネットワークシステムを維持するためには、常にシステムの稼働状況を把握し、結果に応じた適切な対処をする必要があります。しかし、効率的なシステムの運用管理はどうしても後回しになりがちで、管理者やオペレーターによる手動でのコマンドの実行により確認されていることが多いものです。しかし、この方法では「運用人員の24時間×365日の勤務体制」と「運用人員のスキル向上やハイスキルなITエンジニアの確保」が必要となり、人件費などのコスト面の上昇を招きます。

 

 

管理対象の複雑度の増大

現在の、マルチサーバーの導入と複数の業務アプリケーションが複雑に連携したシステム構成では、手動でのシステム運用にはおのずと限界があります。
特に、障害発生時にはハードウェア・ソフトウェア・ネットワークの各方面から障害の状況を切り分けて、あらゆる角度から情報を分析して迅速な障害復旧が求められます。しかし、複数のサーバで構成されたシステムでは、どのサーバーで何の業務が稼働しているかを把握しておくことも困難をともない、障害発生時にも複数のベンダーが関与することから、何ステップもの複雑な工程を踏まなければいけないことも珍しくありません。

 

 

運用管理時の人為ミスの発生

慣れているはずの運用エンジニアでも、作業ミスを引き起こす可能性は多々あり、実際、大手ショッピングモールでのシステム停止や、株式システムの障害など、社会的に大きな影響を与える人為トラブルも頻発しているのが現状です。
手動での運用管理にともなう問題としては、コマンドの実行から各種データの保存、バックアップなど、多岐にわたる複雑な工程を少人数の人員が担当している場合が多く、問題点の抽出や報告といった業務も、各運用者レベルでの判断にゆだねられているのが現状です。
こうした状況のなか、ひとたびシステム障害が発生すれば、休日・夜間対応に伴う予想外の人件費などのコストが発生するばかりか、ビジネス上の信用失墜や機会損失といった損害も発生することになります。

 

 

手作りのツールで運用管理を行う場合

 

システムの運用管理を手作りのツールを導入することで行うことも可能ですが、その場合でも数々の問題点が考えられます。
例えば、特定のコマンドを一定間隔で実行するスクリプトなどを記述する方法がありますが、多数の管理項目ごとにスクリプトなどの開発コストも増大し、各監視項目ごとの設定も複雑化。結果的に、多数のツールを利用することからシステム運用者の負担を増大させかねません。
また、こうしたシステムの運用管理を可能にする高スキルの人材を常に確保しておかなければいけないことや、場当たり的なツール開発を繰り返すことで、大規模システムへの対応が困難になることも予想されます。
このように、人手や手作りのツールで運用管理を行うことには限界があり、運用管理ツールを導入することが効率的で低コストなシステム運用を実現するのです。

 

 

 

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ