Hinemos

  • RSS
  • Twitter
  • NTTデータ
  • Hinemosとは
  • 製品・サービス
  • 導入・保守のご相談
  • 導入事例
  • 技術情報

Hinemosのはじまり

Hinemos(ヒネモス)の構想が生まれたのは2004年のことです。当時は、企業の大規模システムにおいても多数のIA(Intel Architecture)サーバを使った3層システムが一般的となり、そのOSにLinuxが採用されていることを背景に、OSSの活用の機会が増えていました。多数のIAサーバとLinuxを組み合わせたシステム構築では、ハードウェア、ソフトウェア共に構築時の初期コストの低減というメリットがありましたが、一方でサーバ台数の増加による運用管理のコスト増というデメリットもありました。

 

そこで様々な運用管理ツールが試行錯誤されましたが、システム運用管理ツールにOSSを採用する場合には、機能単位に異なるツールをあわせて使う必要がありました。
例えば以下のように、ユーザインターフェースの異なるそれぞれの運用管理ツールを組み合わせる必要から運用管理が非常に煩雑なものとなり、統合的な運用管理を行う場合はOSSをあきらめて商用製品に頼るしかないのが現状でした。

 

 

リソース監視は、「MRTG」と「SNMP」を用いてWebブラウザから管理
障害発生の場合は、「swatch」で電子メールに転送
バッチ処理の定期実行は、「cron」

 

そのような運用管理の現場の、多数の管理対象を効率的かつ統合的に管理するツールを「OSSで実現したい」というニーズがHinemos開発のコンセプトだったのです。Hinemosの開発は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が推進する平成16年度オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業のひとつである「分散ファシリティ統合マネージャの開発」の委託を受けてスタートしました。

 

 

Hinemosメジャーバージョンリリースの歩み

ここではHinemosメジャーバージョンリリースの歩みをご紹介いたします。

Hinemosでは、「verx.x」までをメジャーバージョン、「verx.x.x」までをマイナーバージョンとしています。

 

リリース日 バージョン 説明
2005/08 Hinemos ver1.0

・IPAの公募によりHinemosが誕生
・リポジトリ管理機能を実装

・監視機能(ping監視、syslog-ng監視)を実装

・性能管理機能を実装

・一括制御機能を実装

・ジョブ管理機能を実装

2006/03/31 Hinemos ver2.0

・アクセス管理を追加

・共通機能(カレンダ、通知設定)を追加

・エージェント監視を追加

・HTTP監視を追加

・プロセス監視を追加

・SNMP(数値)監視を追加

・SQL監視を追加

2006/10/20 Hinemos ver2.1

・Windowsに対応

・SNMPトラップ監視を追加

・アプリケーションログ監視を追加

2007/03/28 Hinemos ver2.2

・メンテナンス機能を追加

2007/10/05 Hinemos ver2.3

・Windows管理機能強化

・パフォーマンス向上
・SNMP(文字列)監視を追加

・GUIインストーラ(Windows)を採用

2008/03/31 Hinemos ver2.4

・サービス・ポート監視を追加

・メールテンプレート機能を追加

2008/10/31 Hinemos ver3.0

・IPv6対応

・通知方式拡張(syslog通知)
・Hinemos HAオプションをリリース
・UNIXエージェントPack(現:商用UNIXエージェント)をリリース

2009/04/13 Hinemos ver3.1

・WBEM対応
・Hinemos VM管理オプションをリリース

2010/09/30 Hinemos ver3.2

・セルフチェック機能を追加

・WebサービスAPIを公開
・Hinemosノードマップオプションリリース

2012/04/24 Hinemos ver4.0

・クラウド対応に向けた監視管理機能、性能管理機能の強化
・Hinemosジョブマップ オプションをリリース
・Hinemos仮想ネットワーク管理オプションをリリース
・Hinemos クラウド管理オプションをリリース

2013/10/01 Hinemos ver4.1

・ジョブ管理機能の強化

・Hinemosマネージャ、HinemosエージェントがCentOSに対応

2015/05/27 Hinemos ver5.0

・環境構築機能を追加

・Webクライアントを追加

・SNMP v3対応

・HTTPシナリオ監視を追加

・JMX監視を追加

・インストーラ(Linux)のRPMパッケージ化

2017/02/02 Hinemos ver6.0

・収集・蓄積機能を追加

・Windows版マネージャを追加

・性能グラフの刷新

・ジョブのRBA対応

・カスタムトラップ監視を追加

・環境構築通知を追加

・グローバル対応強化(言語・タイムゾーン対応強化)

・Ubuntu、SLES、Android対応エージェントリリース

・Hinemosエージェント対応プラットフォーム(Oracle Exadata、IBM z System)拡充

 

 

  • 紹介セミナー
  • お申し込みはこちら
  • ハンズオン研修
  • お申し込みはこちら
  • お見積依頼
  • 研修サービス
  • ダウンロード
  • クラウド特集
  • ジョブ特集
  • お問い合わせ
  • FAQ